国内ドラマ

ドラマ「SUITS/スーツ」第4話のあらすじとネタバレ!無料見逃し動画

更新日:

フジテレビ月9で好評放送中のドラマ「SUITS/スーツ」

前回、第3話では、老舗時計メーカー「KAMIYA」の後継者問題と世界的なゲームメーカー「BPM」の顧問弁護士問題についての話でした。

今回は、2018年10月29日放送の第4話のあらすじ・ネタバレ・感想をまとめていきます。

【FODプレミアム】ドラマ「SUITS/スーツ」日本版の動画を無料視聴

「SUITS/スーツ」第4話のあらすじ予告

フジテレビ公式サイトでは、次のように第4話のあらすじが予告されていました。

甲斐(織田裕二)は、東大法学部教授の退職を祝う会に出席し、大手ファームに所属する後輩弁護士・畠中美智瑠(山本未來)と再会する。甲斐の目的は、訴訟を起こされた製薬ベンチャー『ナノファーマ』に関する情報を得ることだった。何故なら甲斐は、チカ(鈴木保奈美)と『ナノファーマ』代表の辛島悠紀夫(小市慢太郎)がデートしているところを偶然目撃していたのだ。

同じころ、大輔(中島裕翔)は、蟹江(小手伸也)が主催したクイズ大会で同じアソシエイトの館山健斗(岩井拳士朗)との決勝戦に臨んでいた。しかし大輔は、ハーバード大トリビアのクイズに答えられずに敗れてしまう。

あくる日、甲斐は、チカから『ナノファーマ』を助けるよう命じられる。実は辛島は、チカの元夫だった。

大輔は、2位の賞品として蟹江からボランティア案件を任せられる。それは、支払い催告を無視して家賃を滞納し、オーナーから訴えられた春日友加里(生越千晴)の弁護だ。友加里は、マンションの管理状態が悪いせいで飼っていたウサギがストレス死したために仕事も辞めることになった、と主張し、法廷で闘うという。

辛島は、立花理乃(中原果南)と共同で、ある難病の特効薬『レミゼノール』を開発した。だが、薬の副作用で肝機能障害を起こしたという患者8名から訴えられていた。甲斐は、被害者の会の弁護士・福原太一(渡辺憲吉)に、見舞金を支払うことで和解したいと提案するが……。

出典:フジテレビ「SUITS/スーツ」第4話 ストーリー

「SUITS/スーツ」第4話のネタバレ

甲斐は、東大法学部教授の退職を祝う会に出席し、大手ファームに所属する後輩弁護士・畠中美智瑠(山本未來)と再会。

目的は、訴訟を起こされている製薬会社ナノファームの情報収集であった。

なぜなら、甲斐は、チカとナノファーマ代表の辛島がデートしているところを偶然目撃していたのだ。

同じころ、大輔は、蟹江が主催するハーバード大トリビアクイズに出席するが、地元ネタのためクイズに答えられずに破れてしまう。

大輔は、2位の賞金としてボランティア案件を任される。

あくる日、甲斐は、チカから「ナノファーム」を助けように命じられる。

その理由は、代表・辛島がチカの元夫であったからだった。

大輔は、家賃滞納によりオーナーから訴えられている友加里の弁護人となる。

友加里は、家賃が払えない理由がマンション管理状態が悪く、飼っていたウサギがストレスで亡くなり、鬱病発症により仕事を辞めることになったからと主張。

辛島は、立花と共同である難病の特効薬「レミゼノール」を開発。

しかし、薬の副作用で肝機能障害を起こしたという患者8名から訴えられていた。

甲斐は、被害者の会の弁護士・福原太一(渡辺憲吉)に見舞金を支払うことで和解したいと提案する。

それに対して、福原は、見舞金50億円を提示。

甲斐は、この金額に対して「何かの冗談か?」と問いかけるが、福原はレミゼノールは欠陥があるとして正当性を主張。

レミゼノールの副作用の根拠についても法廷で示すという。

このやり取りにより、甲斐は、民事調停ではなく、訴訟を決断。

チカからにも争う構えを示す。

一方大輔は、マンション管理状態について、スタンディー法律事務所の畠中(甲斐の元後輩)と法廷での争いが始まる。

友加里が家賃を支払えなくなったのは、マンションの管理状態の悪化によって、うさぎが亡くなり、鬱病を発症。

その結果、仕事を辞めざるをえなくなったからだと主張をする。

しかし、畠中より、うさぎが亡くなる1年前から鬱病を患っていた(うさぎと鬱病)証拠を提出され、大輔は訴訟に敗北してしまう。

その後、甲斐と会話をする中で相手弁護士の畠中が実は甲斐の元後輩と発覚。

なぜ、スタンディー法律事務所のエースである畠中がクイズ大会にでるような安い訴訟にクビを突っ込むのか?

「これは何か裏がある。」

と感じ取った甲斐は、大輔に控訴をしろと言う。

甲斐は、法廷でレミゼノールと肝機能障害の因果関係について、医学的には何も証明されていない。

にも関わらず、その危険性ばかり訴えるのは、営業妨害であり、名誉毀損に当たると主張。

さらに相手側の福原真心法律事務所が過去に医薬品の副作用を理由に複数の大手製薬会社から多額の賠償金を得てきた事実をまとめた資料を提示。

そして、風評被害を恐れる製薬会社が賠償金の支払いに応じざるを得ない状況をつくってきた。

この件も賠償金目的で行った手口ではないのか?と主張。

相手弁護士・福原は、あくまでも弱者救済のためだ。

さらにレミゼノールの安全性に対する治験には、抜けていたデータがあり、意図的な情報操作・隠蔽をしたのではないか?と主張。

甲斐は、なぜ、治験に問題がないのに、証拠資料をごまかしたのか?ナノファーマの橘に追求するが、時間をくださいと言われる。

その最中、大輔に電話があり、友加里から隠していたことがあると告白される。

甲斐は、チカに立花が心を開かないのは代表の責任であると迫る。

なぜなら、チカの元夫・辛島は、立花と不倫関係であり、その過去を明かされているのを恐れているからと推測。

チカは、立花と2人で食事の席に付き、やはり、不倫関係であったと証言を得る。

これによりお互い隠し事がなくなったはずと甲斐に報告。

一方、大輔は、訴訟相手の木嶋の会社であるキジマ不動産開発が買い取り再販業者(中古マンションを安く買い取って、今風にリノベーションして販売する業者)であり、個々数年、凄いペースで買い取りを行っていることを突き止める。

さらに、オリンピックまでに売り切るために強引な立ち退きをしているのではないか?と推測。

キジマ不動産開発に聖澤と新婚と偽って、営業を受け会社の歴史について調査。

友加里の隠し事は、悪臭被害より前からシラミにより身体の痒みで悩んでいたことであると発覚。

甲斐は、辛島に訴訟を勝ち取るために残された道は、立花を提訴することだと進言。

なぜなら、立花は、裁判所に提出すべき資料を辛島に黙って隠蔽した。

ナノファーマの意思ではないことを証明するには、立花は提訴するしかないと印象づける必要がある。

ナノは、立花が証拠を隠蔽しても問題はなく、正論で勝負してみては?と甲斐に提案する。

大輔は、シラミの被害者の会を結成して、多くの被害者がいることが発覚。

辛島は、相手弁護士と被害者に証拠を隠蔽したことにお詫びする。

しかし、レミゼノールと副作用の因果関係については否定。

そして、皆さんと同じ病気を患った人物の映像を見せる。

その人物は、実はレミゼノールの開発者である辛島であった。

そして、レミゼノールも辛島の個人的なデータから誕生したものであり、立花も辛島の個人的なデータ提出をためらったため、結果的に隠蔽を疑われてしまったと説明。

辛島は、同じ病気の経験者として皆さんのお役に立ちたい。

被害者の会の人々にもナノファーマの株式の一部を譲渡する代わりに理解してほしいと頭を下げる。

福原は、賠償金を値切るため、隠蔽は許すべきではないと訴えるが、被害者の会は、応援したいと言う。

そして、甲斐は、レミゼノールを販売停止に追い込むことが、本当に弱者救済になるのか?と投げかけ、一見落着する。

大輔も友加里の部屋にあったカーペットを携えて、相手側と対面。

このカーペットを都立感染研究所で調べた結果、大量のシラミが生息していたと説明。

そして、定期的に防虫剤の効果を調べるためと言って大量のシラミをもらっていく男がいた。

その人物こそがマンション管理人であった。

大輔は、警察に通報しますか?脅しをかけて、この一件も落着する。

「SUITS/スーツ」の見逃し動画を無料視聴する方法

ここからは、月9ドラマ「SUITS/スーツ」をインターネットで無料視聴する方法を紹介します。

現在、月9ドラマ「SUITS/スーツ」を配信している定額制動画配信サービスは、「FODプレミアム」のみとなります。

各社の動画配信状況
FODプレミアム
dTV
Hulu
U-NEXT
Amazonプライム・ビデオ
Netflix

現在、FODプレミアムでは、1ヶ月の無料お試し体験を実施しています。

配信中の「SUITS/スーツ」を全話見てから、1ヶ月以内に解約してしまえば、お金を一切支払う必要はありません。

FODプレミアムの詳しい無料お試し体験の登録方法は、『FODプレミアムの登録手順』に記載していますので、ぜひ参考にしてください。

月9ドラマ「SUITS/スーツ」第4話の放送終了から1週間以内であれば、FODプレミアムに登録することなく、無料視聴することができます。

次のリンクの「SUITS/スーツ」動画ページから登録不要・無料見逃し配信も実施されています。

\まずは無料お試し!/

-国内ドラマ
-

Copyright© 【FODプレミアム】無料お試しで動画見放題を楽しむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.